Topics

ピカのトピックス

  1. TOP
  2. トピックス
  3. 社員紹介vo1(PICA富士西湖 支配人・野村知正)

社員紹介vo1(PICA富士西湖 支配人・野村知正)

2017.12.25

野村知正 (2015年入社)

PICA富士西湖 支配人

富士五湖のひとつ「西湖」の湖畔にあるキャンプ場PICA富士西湖の支配人をしています。
施設やイベント設営などのハード面の管理に加え、新しいプランの設定や季節ごとのイベント考案などのソフト面の開発、フロント業務やスタッフの管理など、仕事は多岐に渡ります。

1日のスケジュール

9:00  出社
9:30  場内見回り
10:00  チェックアウトのお客様対応
12:00  お昼休憩
13:00  イベントの打ち合わせ
14:00  チェックインのお客様対応
16:00  新規プラン案作成
17:00  場内見回り
18:30  退社

 

好きを仕事に、がポリシー

映画が大好きだったことから、以前はテレビドラマの制作などに携わっていました。アメリカに映像制作の勉強のため留学していて、その頃から自然は大好きでした。東京で生活しながら時間をみつけては、山登りなどアウトドアをするようになって、どんどんのめり込んでしまって、気が付いたらピカに入社していました。

入社当初はPICA富士吉田と西湖の2事業地のスタッフを兼務していて、ロケーションの違いやお客様の要望の違いなど、同じPICAであっても共通して必要なもの、逆にオリジナリティが必要なものなど、職務経験を通していろいろと今後のPICAを進化させるのに必要なヒントを学んできたような気がします。

PICA富士西湖は湖畔に桟橋があって、直に湖にカヌーで漕ぎ出せたり、釣りもできます。周辺に青木が原樹海もあってトレッキングもできたりと、今の自分にとっては最高の職場環境ですね。

 

もっと自由な発想で

好きで飛び込んだものの、よく考えたらこれまでの人生でサービス業の経験はゼロでした。
接客バイトもほとんどやったことがなかったのですが、好きな環境の中で働けているので、自然とお客様にも共有したい思いを伝えていく仕事なので苦にはならなかったです。

最近、支配人になって施設の責任者としてやるべき業務も増えて、以前よりも忙しさは感じています。そんな時だからこそ現場のフィールドに思いをもって、もっとPICA富士西湖を良くしたいし、お客様に喜んでもらいたい。もっと自由に新しいイベント企画や、宿泊プランの考案もしていきたいと考えています。今は大好きな西湖に全力を注ぎたいんです。

 

ちょっと先の未来への想い

最近、支配人になって施設の責任者としてやるべき業務も増えて、以前よりも忙しさは感じています。そんな時だからこそ現場のフィールドに思いをもって、もっとPICA富士西湖を良くしたいし、お客様に喜んでもらいたい。もっと自由に新しいイベント企画や、宿泊プランの考案もしていきたいと考えています。今は大好きな西湖に全力を注ぎたいんです。

もし今、新しい事業でPICA施設をどこかに作ることを任せてもらえたら、キャンプの原点にたちかえるような施設もやってみたいなと思います。グランピングブームもしばらく続きましたけど、逆に何もないんだけど、そこには何でもあるみたいなフィールド。これ以上は今は言わずにおきます。

ピカにはそんな自分のやってみたいことや叶えたいことをどんどん考えたり、それを発信出来る雰囲気があります。自分のやる気、叶えたい思いさえあればチャレンジできる環境があると感じています。

 


 

(中途採用)社員・契約社員【総合職】募集ページへ